整形外科

運動器の病気やケガを治すところ


整形外科は骨や関節、じん帯、神経、筋肉、腱など人が体を動かすために必要な、運動器と呼ばれる部位を治療する診療科です。先天性のものから、ケガや感染症、腫瘍、代謝性の病気など、赤ちゃんからお年寄りまで、あらゆる年代の男女を対象としています。
 
整形外科に訪れる人が抱える主な症状は、腰痛や膝の痛み、肩こり、打撲、捻挫、骨折のほか、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風などさまざまです。整形外科はこれらの症状によって、さまざまな専門分野にわかれています。主な専門分野は背骨や脊髄といった体の土台となる部分を扱う脊椎外科、肩から手までを扱う手の外科、股関節外科、膝関節を扱う外科、スポーツ中に起こったケガなどを扱うスポーツ外科、腫瘍を扱う骨・軟部腫瘍外科、リウマチ外科、骨粗鬆症などを対象とした骨代謝外来などです。
 

美容外科も整形外科なの?

アンチエイジングなど美容を専門に扱う美容外科のなかには、美容整形外科と名乗っている病院が多数ありますね。このような病院も、整形外科なのでしょうか?
 
美容整形外科と、整形外科は違う分野です。整形外科は骨や筋肉、関節、神経など運動器を扱う診療科になります。一方の美容外科は、鼻を高くしたり、目をパッチリさせたり、肌にハリを持たせたり、お腹の脂肪を吸引したり、レーザーでしみをなくすなど、運動器を対象とはしていません。皮膚科に近い診療行為も多く、整形外科とは異なる分野であると覚えておきましょう。
 
ルミナ / 東京都渋谷区 【真崎医院】
 
ちなみに美容整形の分野は、頭のてっぺんから爪の先まで、部位によって具体的な施術方法が大きく異なります。そのため、美容外科の情報サイトなどでは、上記のように所属医師が得意とする部位や施術方法が細かくまとめられていることもしばしばです。

とくに、目や鼻のような顔の部位は、ヒアルロン酸注射や切開などの施術方法が多く、希望する治療を受けるためには事前の情報収集が必須と言えるでしょう。
 

整形外科はすべてのケガを診てくれるの?

整形外科は運動器を対象とした診療科なので、交通事故や労働災害、スポーツなどによるけがの大半を整形外科が扱っています。ただし頭や顔に負ったケガや、心臓や肺、腹部など内臓にまで及ぶケガの場合は形成外科など、ほかの診療科が治療にあたります。
 
交通事故や労働災害など、深夜に急患が運び込まれてくることも多いので、24時間態勢での対応が求められます。手や足、肩、背骨、腰など対象となる部位が多いので、緊急外来だけでなく日中の外来でも多くの患者さんが訪れる、非常に忙しい部署です。
 
緊急に運び込まれた重症患者さんに対する対応から、腰痛などに悩むお年寄りまで、さまざまな患者さんを対象とします。運動器に関する幅広い知識に加え、重症患者さんへの応対方法、感染症予防の知識、痛みを抱える患者さんへの配慮など多くのスキルが求められます。
 
病院によって、得意とする分野も異なりますし、それぞれに特徴があります。高齢化が進み、関節の痛みなどに悩むお年寄りの患者さんが増えていることもあり、需要の高い診療科となっています。最近では、スポーツ外科など専門分野だけに限定した診療を行うクリニックなども増えてきました。

Comments are closed.