Author Archives: SLabo7uk

保健師

予防のための健康管理に携わる仕事

保健師の仕事は、実際に病気等を患った後対応する仕事ではなく、病気等の予防を行うことを重点に健康管理をする専門職となります。
健康管理では、いろんな健康管理がありますが保健師が行う仕事の健康管理では、長期間健康であるために行う1年の管理が保健師の健康管理の仕事となります。

健康の維持、病気等の予防や悪化の防止を行うだけでなく最近では、個人の健康管理よりも高齢者の健康管理や組織的な予防を行う保健師が増えています。
病気にならないように行う健康管理が保健師の仕事となるため総合病院などで働く保健師は少ないといえます。
最近では労働の安全衛生や保健指導を行うため企業内健康管理を行う保健師や、公衆衛生を行うために地域の健康管理を行う保健師が増えています。
これらの健康管理に関しても個人ではなく多くの人たちの健康管理を一手に行う仕事となります。

保健師の資格

保健師の資格を取得するためにはあらかじめ受験資格が必要となります。
看護師国家試験に合格していると保健師の受験資格も得られます。
あるいは看護師の国家試験受験資格を持っていて、定められた学校で勉強をした人または保健師養成所を卒業したか卒業見込みの場合、保健師の試験を受ける資格を得ることができます。

看護師と保健師の2つの資格を取得することができるため、この2つの資格を勉強できる学校を選ぶことでダブルライセンスを取得することができます。
保健師国家試験は年に1回開催されている試験で、合格率は80%から90%となってより所得しやすい資格といえます。
また、保健師として働く場合には必ず看護師の資格を取得していなければいけないため、看護師国家試験の受験資格を有していて保健師の試験に合格してもその後看護師の資格を取得する必要があります。

活躍の場はたくさんある

保健所で働くよりも市町村や学校をそして事業所などで働く割合が増えている保健師は、今後もこれらの場所で働くことができる資格だといえます。
将来性では、現在医療費負担を軽減するために医療費の支出を国が抑えている状況となります。

このため現在求められる中に病気の治療や怪我の治療を迅速に行う以外にも予防を行う必要性があります。
保健師の仕事は病気等の予防を行うことになるので、将来的には健康を維持するために必要な病気等にならないように予防の行うこととなります。
企業や地域の施設に就職をして保健師を続ける場合でもこの病気の予防を行うことが変わりなく必要なことです。

そのため保健師の仕事も従来と変わりなく予防を行う業務を行うニーズが増えていくことになります。
また、給与面でも高収入や高待遇を得ることができる職種の1つとなっており、平均的な年収は400万円を超える職種の1つとなります。
保健師が学校や保健所で働く場合には公務員になることになるので、公務員として安定した状況になります。そのため将来性のある職業の1つだといえます。

臨床工学技士

命にかかわる高度な機器を取り扱う

臨床工学技師は、医療専門職の中の1つと言われております。
こちらの臨床工学技師が対応するのが生命維持装置をはじめとする技術的に高度な医療機器の操作や保守そして管理などを行う職種と言われています。
この生命維持装置では、人工呼吸器を、人工心肺装置や血液浄化装置などの高度な医療機器を取り扱う仕事です。

この臨床工学技師が活躍する場所としては総合病院などの医療機関やこれらの医療機器を開発しているメーカーになります。
総合病院などの医療機関では、主に透析やカテーテル、病棟そして手術室で業務に従事しています。
臨床工学技師の仕事の中には患者と接することがある臨床業務と医療機器の管理業務に分かれています。
そのため患者が入院している病棟でも業務に従事することになります。

中でも臨床業務で頻繁に従事するのが透析を行う血液浄化業務と言われています。
透析を開始する時や人工透析装置の操作を行うのが臨床工学技師になります。
また、心臓病で利用するペースメーカーに関する管理や点検を行うのも臨床工学技師の仕事です。

医療で使うこれらの医療機器の操作や管理そして保守点検をする仕事になります。
また、新しい医療機器を導入するときにはこの臨床工学技師が医療機器選定の中心的な役割を行うことになります。

臨床工学技士の資格について

臨床工学技師として働く場合には国家試験に合格する必要があります。
特定の養成機関で勉強をする場合や特定の資格を取得している場合には専門学校で勉強することで受験資格を得ることができます。
合格率は80%を超える高い合格となっている国家資格なので、取得しやすい資格だといえます。

また、臨床工学技師では、認定資格と設けられておりいくつかの認定士の資格があります。
指定講習を受講し試験に合格した後実務経験が5年以上で一定の要件を満たしていると認定を申請できることになります。
総合病院などではこの認定資格をアピール材料として利用できるので、この認定資格をアピールしている総合病院では臨床工学技師の就職が有利となります。

将来性と給与面

臨床工学技師の将来性では、専門臨床工学技師認定制度が設けられたことにより4つの専門領域と関連学会による認定資格があり、これらの認定資格を取得することを総合病院で考えた場合には臨床工学技師が必要となります。

そのため転職には有利な資格の1つと言われており将来的にも有利な資格に該当します。
医療技術の進歩により医療機器の種類が増えていくだけでなく、精密で高性能な医療機器が増えていく事はそれを操作する臨床工学技師の存在が必要不可欠となります。
そのため将来的に医療機器が増えていることを考えれば将来性のある職種の1つだといえます。

給与面に関しては総合病院など業種や地域によって年収が大きく異なることになります。
また認定資格などを取得することでよりこの仕事をアピールすることができます。
その結果給与面でも待遇の良い収入を得ることができる職種になります。

MR

医師のパートナー

医薬情報担当者と呼ばれているMRは、医師が医薬品を安全に扱うことができそして効果的にその医薬品を使って治療ができるように、医師に必要な情報提供を行うのが仕事となります。
そのため医師との意思疎通が出来き、信頼関係を作り上げることが必要で、その結果自社の医薬品を積極的に使ってもらうことができることになります。
MRの仕事の場合には、医薬学会への貢献と患者に治療の貢献を行う公益性の高い仕事だけでなく、企業に所属する社員として営利を追求することも必要なので、この両方を遂行する難しさがあります。

国家資格ではないのですが、こちらのMRに関しては医薬品関係の必要な専門知識がなければ働くことができない職種となるため、公益財団法人MR認定センターは毎年定期的に実施している試験に合格することでMRの知識があると証明することができます。
受験資格に製薬会社等でなければ受験資格がありませんでしたが、今ではMR認定試験に関しての受験資格は、特別な講習の基礎教育を受講していればだれでも受験することができる試験となっており、合格率の高い資格です。

MRとして働く場合には企業に就職をしてその企業の医薬品を取り扱うことになります。
そのためこの職業を続けるためには医薬品の知識だけでなく企業で取り扱っている医薬品に関する知識が重要とされています。
総合病院では多くのMRが取引を行っており新人のMRはその取引の中に入り契約を取る必要があります。
そのため総合病院の担当者の場合には朝早くそして夜遅くまで仕事をする必要がある職種の1つです。

将来性と給与面

MRの仕事は、企業に就職をして働くことになる資格になるので、給与面に関しては高給に分類されます。
しかし、拘束時間が長く大変激務の職種と言われており、体力が必要な職種の1つです。

さらに、医師とのコミュニケーションを図って良好な人間関係を作らなければ、仕事を全うすることができない職種となっており、コミュニケーション能力も求められることになります。
MRの仕事は担当している総合病院の医師に自社の医薬品に興味を持ってもらう必要があるため、何度も病院に足を運ぶ必要があるため勤務時間外の拘束時間も長いです。

なかにはMRとして医薬品の提供を説明を行うだけでなく、病院の経営面でのサポートを行うMRもいます。
看護師はスタッフの教育のサポートや大学病院との橋渡しそして希望なる勤務医の開業の手伝い等を行い信頼関係を築いていくことになります。
医療技術が進歩することでいろんな医薬品が開発されています。

そのため医薬品の説明や情報提供が出来るMRの仕事は、大変医療業界において重要なポジションとなっています。
将来性のある職業の1つであり、人気の職種となります。

音楽療法士

資格と仕事の内容

音楽療法士の資格は、病気の影響のために障害を持ってしまった人が、音楽を聴いたり、奏でたりします。
その結果体の脈拍数や体温が変化することで生理的な変化が生じることで不安やうつ状態を和らげることができ、または痛みを緩和する手助けになるのが音楽療法士の仕事になります。

総合病院などで行うリハビリにも取り入れられていることがあり、障害の回復だけでなく普段の生活の向上にも利用できる仕事と言われています。
音楽療法士が行うリハビリに関しては音楽を聴く受動的音楽療法と音楽に合わせて体を動かすまたは歌を歌うことの能動的音楽療法に分類されています。
乳幼児から高齢者までいろんな人が行うことができるのが音楽療法の特徴だといえます。
さらに自閉症や脳性麻痺だけでなく認知症にも効果のあるリハビリを行うことができます。

そのため音楽を使ったリハビリを行うときにはこの音楽療法士の資格取得者が指導を行うことになります。
リハビリの手助けを行うことになる音楽療法士は、総合病院などで、入院施設のある医療法人等でニーズが高いと言われています。

その他にも高齢者の福祉施設や障害者福祉施設でも実際に音楽療法士がリハビリを行っております。
この音楽療法士の資格に関しては、一定の受験資格が必要となっていますが、日本音楽療法学会の認定校に進学することで受験資格を得ることができます。その他にも必要な経験と学歴を持つことで受験資格を得ることができる民間資格となります。

こちらの資格を取得する人の中には介護福祉士や臨床心理士などの資格を取得している人で、総合病院などに就職してからこちらの資格取得を目指す人もいます。
福祉関係の資格の1つとなっており、複数の資格を取得することで転職に有利になります。

現状と将来性について

音楽療法士の資格に関しては、試験に合格をして資格を取得することになりますが、実際に働く場合には、医療法人をはじめとする総合病院で働くことができる資格の1つとなります。
音楽療法士だけで働いている人もいますが、福祉系の資格となり給与面で不満を持たれる人もいますが、なかには複数の福祉系の資格を取得することで給与面の不満を解消することに成功している人もいます。

まだまだ日本では認知されていない資格の1つとなっており、今後正当な労働の対価として評価されていく資格となります。
そこで複数の資格を取得する人が増えていくことになります。

高齢者の人の音楽療法も行うことができ、認知症患者にも利用できることリハビリなので、将来的には、今まで以上に求められる資格の1つとなっていきます。
平均年齢が若い人たちが多くこちらの資格を取得して働いているので、今後も資格を取得する人が増えていく資格となり注目されることになります。

健康運動指導士

担っている役割

健康運動指導士の資格は、総合病院などの保健医療関係者と連携をして患者さん一人一人の体の状態や精神状態に合わせた安全でしかも効果的な運動を行うために運動プログラムを作成します。

また、こその運動プログラムを実践で行い指導計画の調整を行う役割を担っています。
本来健康運動指導士の資格は、国民の健康づくりを考えて創設された資格となっており、継続的に行われる健康水準の維持、生活習慣病の予防のために貢献することになります。

特に生活習慣病の予防として必要な運動をする指導的立場となっておりますが、こちらの資格は民間資格となっております。
この健康運動指導士の資格を取得する場合には必要な講習を受講し修了した後、健康運動指導士認定試験に合格してこ健康運動指導士台帳に登録して初めて利用できる資格です。
受験資格が必要な資格の1つとなっており4年制大学を卒業して一定の資格を取得している人しか受験することができない資格です。

男性と女性の割合を比べると女性の方が多く資格を取得し登録していることになります。
働く場所としてはアスレチッククラブや一とネスクラブ以外にも総合病院などの医療施設や保健福祉施設などで働くことが一般的です。
転職に有利な資格の1つとなっており、企業によっては資格手当の対象となる資格になります。

将来性と資格の更新

我々の生活は豊かになればなるほど、長寿国となり、多くの人が暮らすことになります。
そのため将来的には、高齢社会そして生活習慣病予防する必要性が増えて行くことになります。

こちらの健康運動指導士の資格に関しては、この両方の人たちの普段の生活を助けるために必要な運動プログラムを創設するのが仕事となります。
そのため今後も需要が増えていく仕事となり、将来性がある仕事の1つです。

健康運動指導士の資格に関しては、登録をしていますがで認定期間が5年間と決められております。
そのため5年間の期間が近づくと文書による案内が届き、更新をする必要がある人の場合には登録更新をするための講習会に参加をしてこちらの資格の更新を行う必要があります。

この講習会に参加をして必要な勉強を行うことが、健康運動指導士として必要な知識の中でも新しい運動に関する知識を吸収することができます。
そのためこちらの資格では更新が必要だといえます。総合病院で運動プログラムを計画することもありますが、健康に関する関心が高まっている今では、予防対策のための運動プログラムを提供する機会も増えています。

総合病院で働く以外にも企業向けの健康セミナーや健康体操教室などを開催する健康運動指導士も増えています。
そのため将来的にはますます需要が見込まれる資格の1つとして位置づけられることになります。