Author Archives: SLabo7uk

歯科医師

個人クリニックを開業する医師が多い

歯科医師は、その多くが、開業医として診察を行っています。
なかには勤務医として総合病院などで働く歯科医師をいますが、少数派だといえます。しかし、歯科医師免許を取得したばかりの歯科医師は、研修のため総合病院で勤務することになります。

数十年の経験を積んだ歯科医師の場合には、独立する人が増えています。
最近では一般的に治療を行う虫歯等だけでなく専門的な治療を行う歯科医師も増えているため、今後は診療科目により歯科医師が経営する病院が分類されていくことになります。
また、地域に住んでいる人たちの数に限りがある場合には、歯科医院ごとで患者獲得の競争が行われる場合があります。

そのため地域によっては歯科医師の数が、患者の対応するに比べて増加している場合には、開業することが難しい地域も存在しています。
また、歯科医師として優れた技術や最先端技術が求められることもあるため、医療設備を充実させるための設備投資が必要な場合があります。

歯科医師になるには

歯科医師として働く場合には歯科医師免許を取得する必要があります。
歯科医師免許は国家資格となっておりこの国家試験に合格しなければ歯科医師として働くことができないです。
歯科医師の国家試験を受験する場合には、受験資格を必要となっておりこの受験資格を得ることで歯科医師の国家試験を受験することができます。

通常歯科医師国家試験の受験資格は、大学の歯学部を卒業することで受験資格を得ることができますが、歯科医師国家試験の予備試験に合格した者で一定条件をクリアしていれば受験資格を得ることができます。
歯科医師国家試験に関しては、それまで合格しやすい試験と言われており合格率は80%程度でしたが、近年では難しくなっている傾向が強まることで、合格率が60%から70%に落ち込んでいます。

このため油断をしていると合格できない人が増えることになります。
歯科医師国家試験の難易度が上がっていますが、大学の歯学部等の入学難易度も高くなっており、今後は合格するのは難しい国家試験の1つになりつつあります。

将来性と給与は能力次第

現在歯科医師として独立している歯科医院は、多く存在しており地域によっては、通常歯科医師が許容できる患者の数よりも少ない患者となっておりその分歯科医師の数が増えている状態となっています。

そのため地域によっては歯科医師の数が多くなることで、安定した収入を得られず廃業に追い込まれる歯科医師も増えています。
また、歯科医師の医療技術が進歩することで歯科医師の技術力や知識力を身につけるためには歯科のある総合病院に勤務する人も増えています。

必要なこれらの能力を身につけることと、開業しにくい状況を考えると勤務する人が増えているのはやむを得ないことだといえます。
しかし、歯科医師の平均年収は700万円を超えており高収入の状況だといえます。
ただし、歯科開業には資金が必要であり、しっかりした事業計画や経営方針がない歯科医師は少ない収入になっている場合もあります。
開業前に十分なリサーチを行ったり、コンサル会社に相談したりすることが大切です。

管理栄養士

仕事場は医療機関と給食施設など

管理栄養士として働く場所としては総合病院などの病院施設、保健所そして給食施設があります。
食事の栄養指導を行うのが主な仕事となり、栄養士よりも高い知識を持っているのが管理栄養士となります。
そのため複雑な栄養指導や栄養管理についても管理栄養士の職務の1つです。

総合病院などの入院施設がある場合には患者は毎日食べる食事の指導や栄養管理を行うのが管理栄養士の仕事となります。
給食センターや私立の総合病院で働く場合には一般的な社員として働くことになりますが、保健所で働く場合には公務員として働くことになり、他の就職先とは異なる条件で働くことになります。

その他にも児童福祉施設や老人福祉施設等食事の提供を行う場合には管理栄養士が必要な場合があるので、管理栄養士として働く場合にはこれらの施設で昼食を行うことができます。
これらの場所で働く場合には患者さんや施設で暮らす人とのコミュニケーションが必要不可欠な職業となるので、コミュニケーション能力がなければ難しい仕事になります。

管理栄養士を取得する

管理栄養士の資格を取得する場合にはく、受験資格が必要となります。
受験資格を得る場合には、管理栄養士養成施設の学校と栄養士養成施設の学校はあります。
このどちらかを卒業して管理栄養士の試験を受験することになります。

栄養士養成施設で勉強した場合には実務経験が必要となり、大学の場合4年生では実務経験は1年必要となり学校で勉強する年数が1年ごとに減少する場合には実務経験は1年加算されていきます。
そのため管理栄養士養成施設の大学や専門学校に入学をする方が実務経験が不要となるので、早く管理栄養士の受験資格を得ることができます。
そして管理栄養士の国家試験に合格しなければ管理栄養士として職に就くことはできません。

また、受験資格に栄養士養成施設と管理栄養士養成施設の2種類の養成説がありますが、管理栄養士の国家試験の合格率を見てみると管理栄養士養成施設を卒業した受験生の方が合格率が高い結果が出ています。

そのため管理栄養士を目指すならば管理栄養士養成施設の学校を卒業する方が合格の早道となります。
管理栄養士の平均合格率はここ数年30%から40%になりますが、管理栄養士養成施設の新卒の場合には70%を超える高い合格率となっています。
この合格率だけを見ても管理栄養士養成施設の新卒の場合には合格しやすい試験ですが、それ以外の状況の場合には合格率が10%台となり難易度が高い試験となります。

需要が高まっていく職業のひとつ

総合病院などの入院施設のある大きな病院の場合には、入院食の提供があるため管理栄養士の資格を持っている人が必要不可欠となります。
老人施設や障害者施設だけでなく保育園などの施設でも食事を提供する場合には、管理栄養士が食事の管理や指導を行う必要があります。

高齢化社会になるため特に老人施設なで食事を提供する場合には必要な職業の1つとなります。
そのため需要のある職業の1つとして今後も活躍できる場所が広がっていくことになります。

薬剤師

より身近な存在に

薬剤師の仕事は、現在ではいろんな場所で働くことができる資格の1つとなっています。
以前までは薬剤師は、病院で薬を処方するために病院で勤務するのが一般的でしたが、最近では少し変わってきています。

現在の薬剤師は、処方箋を行う薬局やドラッグストアといった場所で活躍する薬剤師が増えています。
その反対に総合病院など、病院で薬を処方しなくなった病院では、薬剤師の勤務する機会が減っています。
しかし、病院でも総合病院など入院施設がある場合には患者が薬を毎日飲むことがあるので、薬剤師が勤務しています。

また、研究のために薬剤師も大学病院や研究所に勤務することがありますが、こちらの薬剤師は少ないといえます。
現在では圧倒的に薬局やドラックストアで処方箋を行っている店舗で勤務するのが1番多い就職の企業となります。
また、派遣社員やパート等の正社員で働かない薬剤師もおり、勤務形態が就職先で異なっています。

資格を取得する場合

薬剤師の資格は国家資格となっているため薬学部のある大学に入学して卒業しないと薬剤師の試験は受験できなくなっています。

そのため大学の薬学部に6年間在籍をして薬剤師の国家試験に合格することで薬剤師として働くことができます。
薬に関する多くの勉強を行う薬剤師の資格ですが、合格率は意外と高く70%以上の合格率を維持しています。

これは、大学により学力のレベルが異なりますが、入学するための薬学部の大学入れるが高くなっているので、大学に入学することで薬剤師の合格できる可能性が高くなります。
その後大学で真面目に6年間勉強をすれば、合格することができる国家試験となっています。
そのため薬学部に入学することと大学で6年間真面目に勉強することができる人は合格しやすい国家試験だといえます。
薬剤師として働く場合にはこちらの国家試験に合格する必要がある資格です。

将来性と給与について

高齢化社会を迎える可能性が高いので、病院を受診する人は今後も増加傾向にあります。
少子化問題で人口が減少することはあっても、高齢者として病院を利用することは年齢に関係ないので、薬を処方する仕事に関しては今後も必要な仕事といえます。

しかし、総合病院をはじめとする大きな病院では、処方箋を行っていない病院が増えています。
その代わりに処方箋薬局や処方箋を行うドラッグストアが増えていくことになり、今後の就職先として有力なのがこれらの処方箋を行う薬局等となります。

そのため総合病院で勤務することは、欠員が出なければ難しい状況だといえます。
給与面に関しては、勤務形態により収入に差がありますが、正社員として勤務する場合には年収は500万円以上が一般的な薬剤師の給与といえます。
アルバイトや派遣でも時給が高く1,500円以上は一般的な相場となっているため、収入の高い職業の1つと位置づけることができます。

救急救命士

活躍の場所と仕事

救命救急士は、主な仕事場は消防署になります。
消防署にある救急車で怪我人を助ける仕事が救命救急士の主な仕事となります。
そのため救命救急士の資格を持った消防官になるため地方公務員として働くことになります。

最近では救急センターなどの医療機関で働く救急救命士もいますが、圧倒的に多いのが消防署で働く救命救急士となります。
消防署で働く救急救命士の仕事として、事故の現場に行き救命率を高めるために行う応急処置があります。

この応急処置は救急現場や医療機関へ搬送する途中で行うことになります。
通常応急処置を行うときには医師と連絡を取りながら応急処置を行いますが、救急救命士として行うことができる応急処置があるため助かる確率が増えています。

救命救急士は、一般の救急隊員が行う応急処置以外にも電気ショックと呼ばれる処置や気管挿管、点滴処置は薬剤投与などの高度な救急処置を医師の指示により行うことができるのが救命救急市です。
これらの適切な処置を救命救急士が行うことで事故や急病の人たちが助かる確率が増えています。

救命救急士の資格

救命救急士の資格は国家試験に合格することで取得できる資格ですが、受験資格が存在している試験になります。
こちらの救命救急士の試験を受験する資格として、高校を卒業している場合で文部科学大臣指定の学校や救急救命士養成所などで規定の期間勉強した人、指定された大学その他一定の条件をクリアすることで受験資格を取得することができます。

その後、救命救急士の国家試験に合格することができます。
救命救急士として消防署で働く場合には、救命救急士の有資格者として消防官採用試験に受験をして合格する必要があります。

また、消防署に就職してから救命救急士なる方法があります。
この場合には消防官として働いている間に6ヶ月以上の講習を受けまたは5年以上もしくは2,000時間以上救急業務を経験することで国家試験の受験資格が得られます。

この後、国家試験に合格することで救命救急士の資格を取得することができます。
救命救急士の試験の合格率は80%を超えているため合格しやすい試験となります。
そのため消防署で救命救急士として働く場合には、消防官採用試験に合格することが必須条件となります。

救命救急士の試験を受験する前に消防官に就職するための試験に合格することを最初の目標とする人が増えています。
近年公務員の就職は困難を極めており競争倍率が激しいのが現状です。
そのため救命救急士の資格を取得する前に消防官採用試験に合格してから救急救命代試験を受験する人が増えています。

将来性と年収

消防署で勤務する場合には地方公務員として働くことになるため、安定所職業の1つだと言われています。

また、救急医療の現場としては救急救命士の役割が大きくなっており、早めの処置は助かる確率が高くなります。
そのため将来的にも救急救命士は需要が高い職業の1つとなります。
公務員として働く場合には平均的な救急救命士の給与700万円以上と言われており高収入の職業と言えます。

助産師

出産や育児のサポートを行う

助産師は、妊婦を対象とした保険の指導や育児相談を行うだけでなく分娩時の介助の役割もあります。
産婦人科の病院や市町村の母親学級で講師を務める仕事や相談窓口を担当する仕事があります。
最近では出産後家庭訪問を行い赤ちゃんの健康状態の確認や家族に具体的な育児のアドバイスを行うのも助産師の仕事となります。

また、不妊治療や性教育の対応も助産師の仕事となっており、最近では核家族化によりこれらの仕事のニーズが増えています。
助産師は、病院や診療所に勤務しており、産婦人科の中には医師の診察と並行して助産師が自分の責任において健康診断や保健指導を行う助産師外来を設けている総合病院があります。

地域によっては助産師が開業を行ったり、そこに勤務したりする助産師もいます。
また、地方公務員試験を受けて採用されることで保健所や助産師学校等で教える助産師もいます。

助産師のメインとなる仕事は出産の介助ですが、赤ちゃんが生まれる時間に関しては不規則になるため勤務時間が不規則となります。
そのため体力的にきつい仕事といえます。
助産師になるためには助産師の試験に合格する必要があります。

助産師の試験

国家試験となっている助産師の資格は、看護師国家試験に合格している女性又は看護師国家試験の受験資格がある女性が一定の養成機関で勉強することで受験資格を得ることができます。

国家試験採の助産師試験に合格することができます。
助産師の国家試験の合格率は平均95%を超えている国家試験で、勉強を真面目に行っていることで合格しやすい試験だといえます。
助産師の国家試験に合格をして助産師免許を取得することで助産師として働くことができます。
ただし、助産師免許を取得する場合には看護師国家資格を取得していなければ免許を取得することはできないため、看護師国家試験にも合格する必要がある試験となります。

将来性と給与

助産師の仕事としては、少子化が進むことで出産する女性の数が減少している状況では出産に立ち会う介助の仕事は減少していくことになります。
しかし、最近では産婦人科が減少することで助産師が出産に立ち機会が増えています。

出産後の生活指導や育児指導も助産師の仕事として資格を生かせることができます。
特に子育てについての悩みや不満に対するアドバイスを行うことが助産師としてできるため、助産師のニーズは今後も増えていくことになります。

出産の介助の仕事以外にも出産後のアフターケアを行う仕事が増えていくため助産師の中には、これらの仕事を行うときに役立つ資格等を取得する助産師が増えています。
そのため将来性のある仕事といえます。給与面では、勤務する病院は総合病院など大手の病院の場合には高収入の給与となる仕事となります。
また、公共機関の病院の場合には公務員として働くことになるので、安定した待遇を得ることができる職業です。