Author Archives: SLabo7uk

心臓血管外科

心臓や血管を扱う外科

心臓血管外科は、心臓や血管の手術を行う診療科です。
心筋梗塞や心臓弁膜症、大動脈疾患、先天性の心疾患などの手術を行いますが、循環器内科と連携しながら、患者さん本人や家族と十分に話し合った上で、どのような治療を行うのかが決められます。

心臓や血管は命の源です。
大手術になることも多く、リスクもありますから、患者さんは大きな不安を抱えています。
手術が成功するかどうかといった不安の他にも、入院費用や腕のいい先生に執刀してもらいたいなど、さまざまな不安や疑問を抱えています。
これらの不安を少しでも和らげるために、心臓神経外科の医師は患者さんに対してどのような手術を行うのか、手術をするとどのように症状が改善するのか、そしてどんなリスクがあるのかなど、十分に納得のいく説明を行う必要があります。

外科手術の実績数、優れた手技と知識はもちろんのこと、医師や看護師など信頼できるスタッフが揃っており、患者さんとスタッフがしっかりとコミュニケーションがとれる診療科であることが求められます。
特に近年では高齢化に伴って、免疫力が低い高齢者や人工透析を受けている人など、手術そのものがハイリスクとなる症例が増えています。
心臓病以外に肝臓や腎臓、肺機能、内分泌の異常のような合併症があると、各合併症に詳しい知識をもつ医師がいる総合病院や大学病院での治療が必要となるケースも少なくありません。

チームを組んでよりよい医療サービスを提供

重症の患者さんが多いので、医師を中心としたさまざまなスタッフが医療チームを組んで治療に当たるのが一般的です。
合併症のある患者さんに対しては、特にICUなど術後は集中治療室で治療を受けることも多く、院内連携が優れた病院を選ぶことも大切です。

いざというときのために、病院の心臓血管外科のホームページや口コミなどを調べておきましょう。
最近では雑誌などで、技術力の高い病院を紹介していく特集が組まれることも多くなりました。
少しでも多くの情報を収集しておきたいですね。

また、下肢静脈瘤のレーザー治療が保険診療で受けられるようになったので、最近では下肢静脈瘤を専門に治療するクリニックも増えています。
心臓病などの大きな疾患は総合病院など大きな病院が担当しますが、レーザー治療など比較的簡単な治療が可能な下肢静脈瘤はクリニックが行うといった、分業化が進んでいるともいえますね。
下肢静脈瘤の治療は日帰りが可能な、比較的簡単な手術にはなりますが、血管の手術であることには違いありませんし、麻酔も使用します。
たとえ日帰り治療であっても、確かな技術と知識、経験のあるクリニックを選ぶようにましょう。

脳神経外科

神経系の手術を行う脳神経外科

脳神経外科は脳や脊髄、末梢神経系、それらに付属する血管や骨、筋肉等を含む神経系全般の疾患のうち、手術など外科的な治療を行う部門です。
脳や脊髄などに発生した腫瘍や、脳動脈瘤などの脳血管障害などを扱います。
神経はとても複雑かつ緻密に連携している組織ですから、手術など高度な医療技術が求められる診療科です。

主な疾患は脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血といった脳の血管の病気のほか、頭痛、脳腫瘍、脳挫傷など頭のケガにも対応します。

日本は優れた脳神経外科医が多い国

現在、医学は急ピッチで進歩し、これまでは手術が必要だった病気でも、今では手術をせずに治療できるようになっている病気もあります。
その一方で、かつては手術では治らなかった病気でも、医療技術の進歩で手術をすれば治るケースも増えてきました。

脳神経に対する治療は古くから行われていますが、わが国で脳神経外科の専門性が特に高まってきたのは交通事故の発生が社会問題となった昭和40年頃です。
交通事故で頭に重篤なケガを受ける人が急増し、大学病院に脳神経外科が設置されるなど、脳神経外科を設けてこれに対応する救急病院が全国で次々に開設されました。

昭和41年には脳神経外科認定医制度が発足し、多数の専門医が誕生しています。交通事故による外傷がきっかけで全国的に増えた脳神経外科ですが、外傷だけでなく脳卒中などの疾患にも対応するようになりました。
現在の日本では、国内のどの脳神経外科でも脳卒中の治療を行っていますが、医療先進国である米国であっても脳神経外科の数は少なく、急性期のくも膜下出血の患者さんを、数百キロも離れた病院に運ばなければならない地域もあります。
日本は世界的に見ても、優れた技術をもつ脳神経外科医が多い、恵まれた国だといえるのです。

脳は酸素を大量に消費する器官で、全身の20~25%を占め、子どもの場合は50%にも上ります。
脳に送る血流も全身の約15%が必要となり、血液が滞れば数秒で意識を失い、数分で脳の神経細胞は死んでしまうため、迅速な処置や治療が不可欠です。
緊急かつ複雑な手術が必要となることが多いので、X線によるサイバーナイフを使った治療やMRI、MRA検査など最先端機器が導入されているのも特徴で、常に新たな医療技術が開発されています。

特に脳機能の大きな特徴として挙げられるのが、一度死んでしまった神経細胞は生まれ変わることはないという点です。
このため一命をとりとめても後遺症になる事も多く、神経細胞の再生治療について研究がされています。
死滅した神経細胞の再生など新たな医療法が確立して、脳疾患の死亡率が下がり、後遺症が残りにくくなる時代が来るかもしれませんね。

口腔外科

口に関する病気やケガを扱う口腔外科

口腔外科は口の中や顎、顔面やその近くの組織に現れる病気を扱う診療科です。
口腔外科で扱う症状は、主に次のようなものがあります。
まず、顎の骨に歯が埋まって起こるトラブルです。
歯が生えそろわない、親知らずが顎の骨に埋まっているといった症状がこれにあたります。
このほかにも、顎を動かすと痛みや音がする、口を開きにくいといった症状がでる顎関節症。
歯茎が腫れて痛む、歯に膿がたまるなど歯茎や顔、顎に炎症が起きる症状。
口の中や唇、舌の炎症、はれ、ただれ、痛みなど粘膜の異変。

また、事故やスポーツなどで口の中が切れる、歯が抜ける、歯がグラグラするなどのケガも扱います。
上顎か下顎にある小帯と呼ばれる筋の異常、先天的に口唇の一部に裂け目がある口唇裂や唇裂、顎の変形。
食べ物の味が感じられなかったり本来の味とは違って感じられたりする味覚障がいに、顔面神経痛や顔面麻痺などの神経性の病気、口腔ガンもあります。
このほかにも口臭がある、口の中が乾く、インプラント治療、睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置の作成など、さまざまな治療を行っています。

一般的な歯科医院と口腔外科の違いは?

口腔を扱う医者というと、歯医者さんのイメージが強いのですが、歯科医院と口腔外科はどう違うのでしょうか?
一般的な歯科医院では主に虫歯や歯周病の治療・予防などを扱います。
最近では歯のホワイトニングの需要も増えています。

一方、口腔外科では虫歯や歯周病といった、歯医者さんが対応する症状以外の、口の中や顎などの病気やケガを治療します。

歯科クリニックのなかには、看板に口腔外科と表記しているところもありますが、このような病院では一般の歯科医院に比べて、口の中やその周辺に発生する病気やケガにも対応しています。
歯医者さんか口腔外科か、どちらに行けばいいのか分からない場合は、まず口腔外科の表記のある歯科クリニックか、かかりつけの歯医者さんで診てもらって、必要なら歯科医の先生から専門的な病院を紹介してもらいましょう。

医療業界は専門化が進んでおり、社団法人 日本口腔外科学会が口腔外科専門医や認定医などの認定制度を設けています。
口腔外科に関する知識や経験がある医師に対して専門医などの資格を認定する制度で、口腔外科に必要な知識をもっており適切な治療が行える医師を判断するための一つの目安となります。

(参考記事)
社団法人 日本口腔外科学会 – あなたの街の専門医

日本口腔外科学会のホームページでは、国内で専門医のいる病院を紹介しています。
口腔外科で診療を受けるときに、住まいの近くの口腔外科専門医がいる病院を探してみてはいかがでしょうか。

病棟クラーク

ナースステーションで事務を行う病棟クラーク

病棟クラークのクラークとは事務員を意味しており、入院病棟のナースステーションを拠点に、医師やナース等のスタッフをサポートするための事務を行う仕事です。

仕事内容は病院によって異なりますが、医療行為以外のさまざまな業務を担当します。
一般的な業務としては、患者さんの入退院手続きや説明、カルテの作成、データの作成や管理、各種伝票の処理、患者さんが食事で食べ残したもののチェック、診療用具などの準備や片付け、医師のスケジュール管理、診療などで必要な物品の発注や管理、電話応対などです。
ナースステーションに常駐しますから、医療現場の最前線で働く事になり、ナースなど医療スタッフと患者さんの橋渡し役も担っているため、やりがいが感じられる仕事です。

病棟クラークになる方法

病棟クラークになるために、特に必要な資格は決められていません。
しかし病棟で働くのですから、医療や医事法などの知識は必要です。
医療事務や医療秘書技能試験などの民間資格を取得すると、これらの知識が得られるのでより活躍の場が広がります。
病棟クラークなど医療事務スタッフを養成する専門学校で学ぶのもおすすめです。

病棟クラークの求人は正規職員のほか、派遣スタッフの求人も多いので、派遣会社に登録してそこから病院に派遣してもらうという方法もあります。
特に未経験者の場合、病院が採用するケースはほとんどありません。
まずは派遣会社に登録して、実務経験を積みましょう。

病棟クラークに向いている人

病棟クラークは患者さんに接する機会も多いですし、患者さんと医療スタッフの橋渡し役としても活躍しますから、コミュニケーションスキルが不可欠です。
また、患者さんや家族、お見舞いに来た人たちへの接遇にも十分に気を配れる接客スキルも求められます。
病院スタッフは非常に多忙です。
スタッフが少しでもスムーズに業務を進められるよう、縁の下の力持ちに徹することができる謙虚な気持ちの人が、病棟クラークには向いています。
病棟クラーク自身も業務が多く多忙ですが、ほかのスタッフもとても忙しく働いています。
入院病棟では検査や手術、医師の回診などのスケジュール管理に加え、急な病変などの突発事項も日常的に発生します。
状況を冷静に把握し、自分がとるべき行動にすぐに取り掛かれる冷静な状況判断力も必要です。

現状、病棟クラークの立場は必ずしも良好とはいえません。
看護師などのように国家資格がいらないので、病院によって待遇が異なりますし、派遣スタッフとして働いている人も大勢います。
働いている人は女性が大半で、男性はほとんどいません。
女性や医療スタッフが働きやすい職場環境を整えるための動きが活発になっていますから、今後は、このような状況が改善されるのではないかと期待できます。

医療秘書

医療事務でスキルアップしたいなら、医療秘書の資格を

医療秘書は、医療分野で秘書の役割を果たす人のことをいいます。
会社には役員に秘書が付いてスケジュール管理やさまざまなサポート業務を行いますが、このような仕事を病院などの医療機関で行うのが医療秘書です。
病院業務はレセプトと呼ばれる保険診療の請求など独特の経理業務や、カルテの管理と医療に関するさまざまな業務など、一般的な会社とは異なる運営システムが多くあります。
このため医療秘書は、これらの知識に精通しなければ務まりません。

医療秘書の主な仕事は、医師やスタッフのスケジュール管理や電話応対、必要データの作成や管理といった一般の秘書が行う業務に加え、受付や患者さんを診察室や検査室に誘導するといった接遇業務も行います。
事務作業で行う文書作成では、医療用語などが使われるので、医療や医療に関する法律の知識が不可欠です。

医療秘書になる方法

医療秘書になるために資格は不要です。
しかし医療秘書技能検定試験という民間資格を取得しておくと、就職で有利になります。
資格は3級~1級まであり、準1級に合格すると、医師事務作業補助技能認定を受けるための条件のひとつを満たした事になります。
医師事務作業補助技能認定は、医療事務に必要な医療文書の作成や、医療に関する法律、医学知識等を認定する制度です。
スキルアップを目指すなら、こちらの資格の取得もおすすめします。

この他にも関連資格として、医療事務検定や診療報酬請求事務能力認定試験、医事コンピュータ技能検定、介護報酬請求事務技能検定試験、パソコン検定など、さまざまな民間資格があります。

医療秘書に向いている人は?

秘書業務ですから医師や医療スタッフ等さまざまな人達のサポートを行うと同時に、患者さんに接する機会もあります。
このため、コミュニケーション能力は不可欠です。
また、来客や電話応対などで失礼のないよう、ビジネスマナーもしっかりと身に付けましょう。

医療秘書にはスケジュール調整や医療文書の作成など、細かな仕事が多いので、几帳面な性格の人が向いています。
医療現場で働く一員として、患者さんへの思いやりも欠かせません。
そして、スタッフがより快適に働けるように気配りが行える人、医療や法律など必要となる知識を積極的に学ぶ前向きな姿勢も大切です。
医療に関する知識に加えて、一般的な秘書業務の技能、接遇スキル、対人スキルなどさまざまな能力が求められる医療秘書は大変ですが、とてもやりがいがあります。
医療事務検定の有資格者であれば、さらなるキャリアアップのために医療秘書技能検定試験を受けるなど、常に上を目指すように心がけると良いでしょう。