Author Archives: SLabo7uk

大学病院で働くメリット・デメリット

恵まれた環境

総合病院として機能する大学病院という環境には、働くうえでどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
より深くその特徴を理解するために、探ってみましょう。

大学病院という環境は、衛生面、福利厚生面、
職員などへの対応、システム面、設備面など、あらゆる面で、一般の医療法人による病院などに比べると、
平均以上、かなり高いレベルに整然と整えられている、恵まれた環境があるといえるでしょう。

多くの医師、看護師らが属しますが、それぞれのやるべきことがきっちりと決まっており、
自分が本来やるべきでないであろう業務に携わらなければならなくなるといったことは、まずありません。

スタッフごとに仕事、責任、役割がしっかり分けられています。
研修制度も整っていますから、勉強になることも多いでしょう。

難症例の方も多く診療に訪れられるので、スキルも磨かれ、
最新の治療法を実践することがしばしば行われる刺激的な環境です。

より研究意欲の高い方にも、臨床研究としての役割をもつ大学病院は、働きがいの感じやすい環境でしょう。
多数の分野の医師との連携で行うケースもあり、よりキャリアを拡大することにもつなげやすいほか、
新たな見方を獲得できることもしばしばです。

大きな病院ならではのチーム医療として、やりがいを感じられる大きなプロジェクト参加も身近です。

このように整然としたシステムのなかに、最新の医療設備があり、最先端の治療実践ができる、
大病院ならではの難しい例にも挑戦していけるという点で、大学病院で働くことは、
医師にとっておおいなメリットがある場といえます。

多忙なことが多い

一方、もちろんデメリットといえる部分もあります。

まず、大きな規模の病院となり、抱える患者さんの数も多くなりますし、
難しい状態を過ぎた患者さんに関しては、最寄りのかかりつけ医に引き渡すといったケースが多いので、
より身近に患者さんと向きあいたい、長期的に健康管理を行っていくことで喜ばれ、
自分もそこにやりがいを感じるといった医療を理想とする方には、あまり向いていない環境であるともいえます。

より地域に密着した、人と向き合う医療をと思われる方は、大学病院よりも小さな規模の総合病院、
一般開業医院などの環境のほうが、やりがいを強く感じやすいでしょう。

どのような理想を描くかにより、こうした大学病院ならではの特徴はメリットにもデメリットにもなると
考えられます。
このほか、大学病院での勤務はかなり多忙なケースが多く、
残業も多い傾向にある点がデメリットとしてあげられます。

難症であるほど、死と隣り合わせであるという重責もかかりますから、
負担はやはり大きいといわざるをえません。

また、話し合いや勉強会なども多く、これらが休日に実施されることも多いので、
結局毎日のように病院へ通わなければならない、自分の時間はなかなかとることができず、
束縛時間として長い傾向もあります。
こうした点は覚悟の上、臨む必要があるでしょう。

医局体制でその分野の教授が管理者となりますから、
特有の学閥的な人間関係、束縛感も他の総合病院とは違った特徴があります。
これらになじみ難い方には、デメリットとなる可能性があるので、留意しておきましょう。

企業立病院で働くメリット・デメリット

特徴的な環境

総合病院で働くことを希望するうえで、企業立病院で働くという選択肢は一番マイナーで、
思いつかれる方も少ないかもしれません。

しかし企業立病院には、やはりそこならではの、大学病院や国立病院とは異なる特徴的な環境もあります。
一般の法人のもとにある病院や開業での病院で医療に従事するケースとも、
また異なった働き方になるでしょう。

企業立病院で働くということを選ぶと、どのような変化が生じるのか、
何事においてもメリット・デメリットがありますから、ここではその検証を行ってみたいと思います。

企業が付属施設として運営する企業立病院は、その医師、看護師、薬剤師など、
すべてのスタッフをその社員扱いとします。

ある程度大規模な病院をもつということは、
やはりそれだけのバックボーンをもつ有数の一流企業に限られますね。

ですから、そうした選りすぐりの一流企業ならではの非常に手厚い福利厚生を
受けられるというメリットがあります。
勤務医の福利厚生のなかでも、この手厚さは特筆に値するものでしょう。

待遇自体も優れているケースが多いので、全体的な厚遇が期待できます。
そして多くの社員を抱えていますから、対象にする利用者も多く、
その多くの人たちの健康管理に携わるやりがいの大きさもあるでしょう。

一般に開放されている企業立病院では、地域住民との医療サービスを通じた交流も、
新鮮なやりがいとして感じられますね。

また、企業立病院はそもそも従業員や役員、その家族などの健康維持、
促進をメインに設けられていますから、大規模な病院である割には、
きびしい労働環境におかれることが少ないところでもあります。

プライベートな時間の充実

医学研究はあまり重点を置かれるものではありませんし、難症の例を立て続けに
扱わなければならないといったことも他の総合病院に比べ、機会は少ないといえます。
ですから、ある程度プライベートな時間を重視したいという方にもおすすめの環境でしょう。

医学研究よりも患者と向き合い、ひとりひとりのケアに重点を置きたい、
人間的な医療現場で働きたい方にも、環境として居心地の良いところとなることが考えられます。

施設設備は最新のものがそろえられているケースが多いですし、指導医も比較的多数抱えている病院が多く、
働く看護師スタッフにもエキスパートが多いという特徴もあります。

こうした環境下ですから、まずそうした指導医のもとで学びたい、
最初のステップとして安定した環境を得たいと考える方にも向く職場でしょう。

一方で、やはり医学研究やより最先端の治療技術を扱いたいという方には、
物足りない環境となってくる可能性があるというデメリットがあります。

また、将来開業を考えているといった医師の方は、経営マインドも学んでいきたいと思われるでしょうから、
経営が企業に任された企業立病院ではそうした知識が得られにくいことがデメリットになるでしょう。
>>次世代リーダーのための 事業経営マインド育成セミナー

そして、不景気が続いていますから企業の経営スリム化に伴い、
企業立病院の存続自体が危うくなるというリスクも生じています。

実際、大きくその数を減らしてきているということがありますから、経営が順調かどうか見極めておくことも、
働く環境として選ぶ際には注意したいところです。

このようにメリット・デメリットがありますが、企業立病院のなかでもそれぞれ事情は異なります。
特定の分野で特化している環境の企業立病院もあります。

一般的な事情としては、ここで検証したような内容を踏まえ、個々の病院を検討することをおすすめします。

国立病院で働くメリット・デメリット

国立病院機構という独立行政法人が運営する国立病院は、全国に約145もの数があり、
日本でももっとも大きなネットワークを形成しています。

こうした国立病院のなかで医師として働くことは、他の病院で働くことと比べてどのようなメリットが
あるのでしょうか。

またデメリットとしてはどのような点があるのでしょう。
医療機関とくくられるもののなかでも、一定の特色のある環境下ですから、
そのそれぞれについてみてみましょう。

良いことがたくさんある

先にも述べたように、大きな病院群ネットワークをなした総合病院であるため、
国全体の医療の質向上に寄与できる、社会的な意味の大きな働きをすることができます。

この病院連携とそれぞれの技術で蓄積された診療情報は、幅広く情報発信され、
現在の日本の国民医療の向上に役立っています。

将来もこのシステムは変わることなく引き継がれることでしょう。
さまざまな症例に向かい、最新の治療技術を駆使して、医療界を率いていく役目を果たす国立病院は、
医師として大きなやりがいを感じて、刺激的ななかで働くことのできる環境といえます。

これは大きなメリットといえるでしょう。
また大きなスケールのメリットを活かし、研修や医師の育成にも独自のスタイルで、
近年非常に力を入れてきています。

大学の医局制度が崩壊しつつあることが指摘されている今、より充実した研修が受けられる環境、
医師としてのキャリアアップが目指せる環境が確保されているのは、
国立病院であるというケースもしばしばです。

地域によっても差はありますが、高いレベルの医療スキルを身につけたいと考える向上心の強い方に、
適した環境があるといえるでしょう。

機構に属する国立病院のなかでは、急性期から慢性期にわたって幅広い分野が網羅されており、
それぞれの病院が政策医療として受け持つ医療分野を定められているので、その点に焦点を絞った、
専門性の高い医療が提供されるものとなっています。

各病院の特色となる分野が自分の目指す分野と重なっていれば、非常に充実した環境が望めるでしょう。

メリット・デメリットを見極める

逆に、この点で一致が見られない場合、働きづらい環境となってしまいます。
どのような拠点病院としての指定を受けている国立病院なのか、確認し選択することが重要です。

メリットにもデメリットにもなるポイントですから、
その病院の特色をつかむことが大切ということを忘れずにいていただきたいと思います。

各地域において、地元の医師会などとの交流もあります。
この点で地域医療への貢献も果たしているといえるでしょう。

地域の中心的医療機関となっている国立病院は多いですから、
地元で大いに活躍したいという方にもおすすめです。

大学病院との大きな違いは、学際的、研究的面よりも、実際に目の前にしている症状に対し、
どう対応すればよいのか実践経験が重視されるという点があげられます。

どのような医師として働きたいのかにより、この雰囲気が合うかどうかが異なってくるでしょう。
豊富な症例を相手に、より実践で活躍したいと考える方に、国立病院は最適な環境です。

このようにいくつかポイントをさらいましたが、ほかにも国立病院ならではの特色、
それによる職場としてのメリット・デメリットがあります。
自分が望むスタイルを描き、比較してみてください。

気になる報酬は?総合病院企業立病院の勤務医

高額な報酬

医師という職業は、およそ社会一般のなかで高収入が見込まれるものですが、どのような場の勤務医なのか、
開業医なのかなど、おかれている環境によって、その実際の報酬にも差があります。

やりがいはもちろんですが、報酬面などで満足のいく待遇であるかという点は、
働いていくうえで非常に重要な要素でしょう。

企業立病院の勤務医として働いた場合、どの程度の報酬が見込まれるのか、
ほかの民間病院などと比べてそれは高いのか、低いのか、あくまで参考値ですが、比較してみました。

企業立病院では、医師も扱いのうえでその企業の会社員となります。
これは看護師や薬剤師など、他の医療スタッフも同じです。

企業立病院をもつ企業は、一流大企業に限られますから、およそ一般以上の給与が付与されていますが、
やはり医師として迎えられる場合、それよりもかなり高額の報酬が与えられています。

実際の額としては、明らかにされていないケースが多いので、その実態をつかむことは難しいのですが、
一般的な医療求人における企業立病院の医師の報酬をみてみると、
平均して年収で1000〜1500万円程度の応相談といった状況がうかがえます。

これを民間病院の医師と比較してみましょう。
人事院が発表している職種別民間給与実態調査の医師平均給与は月額95万円程度となっていますから、
これは年収にすると、1140万円となります。

医科長となると月額122万円程度まで上がりますから、これで年収1464万円になります。
1000〜1500万円という額は妥当なラインから比較的高めラインに位置するとみることができるでしょう。

応相談の含みも考えれば、より高い報酬が望める可能性も十分にあります。
さまざまな医療機関で働く勤務医医師全体の平均年収にすると、
約1150万円というデータが賃金構造基本統計調査にあり、
ここから見ても企業立病院の勤務医の報酬は比較的良いようです。

格差がある

というのも、この調査における男性医師の4分の1が月間給与で45万円を切っており、この場合、
年収で540万円ですからかなり低いラインにあることがうかがえます。

それでいて、この平均額が打ち出されるということは、この勤務医の世界もまたおおいなる格差社会で
あることを示しているといえるでしょう。

そのなかで、医師募集でこうした額を提示している企業立病院は魅力ある環境といえます。
企業立病院は報酬そのもの以外でも、恵まれた環境にあります。
それが福利厚生面です。

一般民間病院などに比べると、やはり一流企業としての福利厚生が得られるため、
非常に有利で厚遇されています。

この充実した福利厚生を企業立病院におけるもっとも大きなメリットと考える従事者も少なくありません。

長引く不況のなかにあって、企業も体制のスリム化をはかっていますから、
総合病院として機能する企業立病院の数は減少してきていますが、もしその環境で働くことができれば、
非常に安定した報酬、待遇が望めるでしょう。

非常にハードな医療現場が多い今として、企業立病院は労働環境としても比較的整っている状態にあります。
環境として得ることができれば、かなり理想的といえるのではないでしょうか。

運営者情報

◆サイト名

医師になるなら総合病院で働きたい

◆サイト内容

総合病院について知っていますか?

総合病院といっても色々な種類の病院があります。

そんな総合病院に関する様々な情報をご紹介します。

◆サイトURL

https://www.about-generalhospital.com/

◆運営者

長谷川 誠次郎

◆所在地

千葉県